逆説の10カ条

普段からいろいろと本を読むのですが今回読んだ本、ケントMキース著の「それでもなお人を愛しなさい」が多くの人にとって役に立つ内容だと思いましたので紹介させていただきます。

マザーテレサがこの逆説の10カ条の言葉をカルカッタの孤児の家の壁に書かれていた話は有名ですが、それほどこの言葉には人々を勇気づけるものがあるということでしょうか、それでは10カ条を紹介します。

まず前提としてこの世界は矛盾や不条理があり正直すぎる人は生きづらい世の中だと認めた上で書かれています。

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

3.成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。 

5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

6.最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。

9.人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。

10.世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。それでもなお、世界のために最善をつくしなさい。

これらが逆説の10カ条になります。この世界は理不尽でおかしいことだらけで全く自分にとって意味のない世界だと思うことは誰でもあったと思います。しかしどんなに世界が意味をなくしても一人の人間として自分自身は意味をなすことが可能だという10カ条になります。詳しいエピソードなどは本に書かれていますのでぜひ一読をお勧めしたいです。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。