痛みは温める?冷やす?

膝関節に痛みがある方から「冷やしたほうがよいですか?温めたほうがよいですか?」とよく聞かれます。たしかに野球のデッドボールや自打球では、コールドスプレーや氷のうで冷やしているところを目にします。逆に、五十肩や肩こりの場合は冷やさない方が良いと聞きます。ではどのような時に冷やすのでしょうか?温めるのでしょうか?その判断基準について説明します。

冷やす目的は炎症を抑えることです。炎症とは体への何らかの有害な刺激に対して、免疫系の抵抗によって出現した発赤、熱感、腫れ、痛みを言います。冷やすことで炎症を抑えて炎症が広がらないようにします。そのため、たとえば捻挫や打撲などにより炎症が起こった直後(急性期)は冷やします。

温める目的は血行を促進して、痛みを感じる物質を流して痛みを改善することと、過剰に収縮している筋肉を緩めることです。そのため、変形性膝関節症や肩こりなどで慢性的に痛いときや、過剰な筋肉の収縮が持続しているときは温めます。

ケガをしてからの急性期と慢性期について説明すると、ケガをしてから2~3日間が急性期であり、それ以降は慢性期になります。したがって、ケガをしてから2~3日は冷やし、それ以降、慢性的に痛い場合は温めます。

以上が冷やす場合と温める場合の判断基準になりますが、あくまでも目安ですので、長期間痛みが継続する場合などは、また違った対処が必要となります。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。