良い歩き方とは?

膝関節が悪い方は一度はご自分の歩行のフォームなどを意識されたことがあると思います。「よい歩き方」とはどのような歩き方なのでしょうか?「よい歩き方」「悪い歩き方」というと何か決まった形があるように思えますが、そうではありません。

疲労しにくく転ばない歩き方であれば、それは「よい歩き方」と言ってよいと思います。それでは膝関節に注目して「よい歩き方」を説明させていただきます。

疲労しないように歩くとき膝関節にできることは力を抜くことです。膝関節や足関節の力を抜くことで、疲労なく、膝関節に負担をかけることなく、歩行することができます。

逆に膝関節に常に力が入った状態では筋肉の収縮にエネルギーを使うため、疲労しやすくなります。たとえば、膝関節を伸ばして床をドンドンと鳴らすような歩行は膝関節のまわりの筋肉を常に収縮させている状態です。また、かかとが接地したときに衝撃を膝関節で吸収することもできないため、膝関節への負担も増加しますし膝関節にも悪影響があります。

力を抜いた歩き方は膝関節だけに良いわけではありません。下肢の力を抜くことで、膝関節はもちろん、足関節や股関節にも余裕が生まれます。そのため、何かの拍子に転びそうになっても対応できるようになります。膝関節が悪い方もそうでない方も、時々鏡の前でチェックしながら、自分なりの力の抜ける「よい歩き方」を考えてみるのがよいと思います。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。