DRT整体とは

施術方法(DRT整体)

まほろば整骨院ではDRT(ダブルハンド・リコイルテクニック)と言う背骨を整え自律神経の働きを良くして、自然に体が良くなる状態に変化させる整体をおこなっております。
施術
DRT整体とは東京お茶の水でカイロプラクティック院を営んでいる上原宏先生が上部頸椎調整を追求し、30年の臨床実績と延べ13万人の施術から独自で生み出したテクニックです。

さまざまな悩みを抱える重症患者さんを改善に導き、多くの人を救ってきたという噂が上原先生のDRT整体を学びたいという施術家を多く生み、現在も多くの施術家を指導しておられます。

院長
それではDRT整体とはいったい何か?を少し詳しく説明します。

両手を使い背骨をゆらゆら揺らす非常にソフトで気持ちの良い施術となります。そうすることにより背骨が正しい状態に調整されて、背骨の中にある神経が背骨の歪みにより圧迫を受けて働きが悪くなっていた状態から解放され、体の疲労回復に関係する自律神経の働きを良くして、それにともない自然治癒力を高めるといったものです

脳と神経

簡単に言いますと脳は全身の神経を介して常に体の状態を監視しています。それにより痛めている肩や、疲労している腰などを見つけ「早く良くしないと」と認識して、いち早くその痛めている場所に体のさまざまな器官に命令を出し、血液や酸素などの栄養を送り回復を図ってくれているお医者さんのような存在です。

まさに今の体の状態を管理して神経を介して全身に細かく指示を出す団体競技の監督みたいな感じです。しかし脳から器官への中継役の神経の働きが悪いと今現在の体の状況もわからず、指示を出しても伝わらず、健康管理の監督不在で日々を送らなければならなくなります。その状態が慢性の肩こりや腰痛を起こし、そして自律神経の乱れにより不眠やめまいなども併発する可能性もあります。

DRT整体とは脳の管理機能を正常化し、眠っている自然治癒力に火をつけ、体が良くなろうとするメカニズムにスイッチを入れ、さまざまな症状に対応していく施術となります。

院長
私は上原先生より直接指導していただき、施術家にDRTを教えることを認められている三段階のインストラクター資格を全て認定されていますので安心して施術を受けていただけます。

施術の流れ

①体の問題を深く知るための丁寧なカウンセリング

問診・症状の状態は?いつから痛いのか?何をしたら痛いのか?などから症状の原因を細かく探っていきます。不安なことや、症状によって困っていること、どうなりたいかなど何でも遠慮なくお話ください。

②体の状態、症状の原因、改善までの期間などがわかる的確な検査

検査

・独自の検査で今の体の状態を細かく知ることができ、それによって改善までの期間や何が原因などかをお伝えすることができます。しっかりと体感できる検査ですので自分の体を深く知っていただけます。

③検査の結果に応じた施術方針の説明

説明

・検査の結果に応じて体の状態やどうすれば改善するのかなどを説明致します。内科的な問題や一度精密検査が必要な場合は病院をお勧めする時もあります。状態を細かく把握できないと改善までの道筋がわからないため、施術と同じく検査も大切にしております。

④DRT整体

施術

・ソフトな振動で背骨を調整していきます。眠ってしまいそうな気持の良い施術ですので痛い施術が苦手な方はご安心ください。

⑤施術後検査とセルフケア指導

首の検査

・施術後にどれだけ体に変化が出たのかを検査していきます。体の変化を実感していただくことにより「自分の体は良くなるんだ!」という気持ちと希望を持っていただけます。

・また施術効果を持続させていくための自宅で出来るセルフケアを指導させていただいております。セルフケアは施術と同じくらい大切で改善までにはどちらも必要になります。「毎回真剣勝負で施術をさせていただきますんで二人三脚で私と一緒に頑張っていきましょう!」