頭痛

頭痛の説明

慢性的な頭痛に悩まされている日本人は4000万人にのぼると言われており、3~4人集まれば1人は頭痛持ちという計算になります。国民病と言われる糖尿病の患者数は950万人、腰痛に悩んでいる人は1000万人と言われていますから、糖尿病や腰痛よりはるかに身近な国民病と言えるでしょう。

慢性的な頭痛は日常生活に大きな影響を及ぼします。頭痛さえなければ「もっと仕事に集中できるのに」「もっと趣味を楽しめるのに」などと思ったことは頭痛をお持ちの方は誰でもあると思います。また頭痛は他人には理解されにくい痛みだけに我慢していると「ときどき怖い顔になる人だ」と誤解されたりなど、日常生活においてさまざまな悪影響が発生します。

頭痛のタイプは3つの痛み方で分けられます。

  • 偏頭痛 ズキンズキンと脈打つような強い痛みで、光や音、におい、気温の変化などに敏感になり吐き気を伴うこともあります。精神を安定させるホルモン「セロトニン」の分泌の増減で、脳の血管が急激に拡張することで血管周囲の神経が刺激され痛みが発生します。
  • 緊張性頭痛 神経の高まりやストレスなどで肩や首、頭の側頭部の筋肉が緊張した結果、血流が悪くなり頭を締め付けられているような鈍い痛みが持続的に生じ、めまいを伴うこともあります。
  • 群発頭痛 じっとしていられないほど激しい痛みが一定期間毎日起こり、女性よりも男性に圧倒的に多く、片側の目の奥にある血管の異常な拡張が痛みの原因となるため、目の充血や涙、鼻水が出ることもあります。

当院の施術の有効性

頭痛の原因としては、ストレスからくる神経の乱れでホルモン分泌の増減や筋肉の硬直が起こり上記の種類の頭痛が発生します。特に背骨の上部から出ている神経の働きが頭痛に関与しているといわれ、DRT整体では背骨の上部の歪みを整え神経の働きを良くすることを重要としている為、頭痛には抜群に相性がよく高い効果を発揮します。

慢性の肩コリや首コリをお持ちの方は頭痛を伴っていることが多く、施術を進めるなかで肩こりの改善と同時につらかった頭痛も気にならなくなったなど多くの方にDRT整体における頭痛の効果を実感していただいております。